骨組段階

小説サークル『骨組段階』のブログ。作品情報や設定、小ネタなど更新しています。

06« 2017 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

雪うさぎと春の夢 

雪うさぎと春の夢 全42P

2015.04.05 発行

メインキャラ:加護


※サンプルのため、途中までになります※




「何でみんな気付かないの?」
 あんなに目立つ人がいたら通りすがる人はチラ見でもしそうなものなのに、みんな全然視界に入っていないみたいに普通に歩いている。いくらなんでもスルーし過ぎなんじゃないだろうか。
 わたしは土産物屋さんに近付いた。心の中では獲物を狙う猟師のように、外向きには別に何でもないですよって顔をして歩く。はやる気持ちを堪えに堪えて、男性のすぐ隣に立つ。改めて見ると、本当に背が高い。お父さんもそこそこ高い方だと思っていたけれど、それでも十センチ以上は差があるんじゃないだろうか。こんなに背の高い男性を見るのは初めてだ。こっそりと男性の顔を覗き込む。ちょっと無精ひげが目立つ普通のオジサンって感じだ。それでも厳ついとか怖そうと思わなかったのは、優しげなタレ目のせいだろうか。そんなタレ目のオジサンは真剣な表情で雑貨のコーナーを眺めていた。鞠の根付ストラップの一つを手にとり、熱心に選別している。
「あの」
 わたしは声をかけてみた。社会科の校外学習で色んな人にインタビューしたことがあるから、知らない人と話すのは慣れている方だと思う。
「うん?」
 こんな子供に話しかけられるとは思わなかったのだろう、オジサンは驚いたように目を見開いてわたしの方を向いた。あ、右目の下にホクロがある。泣きボクロって言うんだっけ。
「えっと。オジサンってこの辺の人じゃないよね?」
「あ、嗚呼。そうだが」
「やっぱり。そうなんだ」
 オジサンはそれ以上喋らなかった。子供と喋る気がないのか、それともただの無口なのかはわからないけれど、このままだと会話が終わってしまう。
「もしかしてドラマの撮影か何か? でも、カメラ回ってないよね。休憩中とか?」
「……そんなようなものだ」
「えっ、じゃあ俳優さん? こんな田舎までお仕事に来たの? すごいね!」
「…………」
 わたしのトークに押されたのか、また黙ってしまった。でも、それくらいで引き下がるわたしじゃない。
「わたし、俳優さん見るの初めて! サインとか書いてもらえますか? それがダメなら握手でも!」
「いや、」
「あ、自己紹介がまだでしたね! わたしは莉乃、師岡莉乃っていいます!」
 わたしはポシェットの中に手を突っ込み、サインしてもらえそうなものを探す。メモ帳は置いてきたし……ハンカチで良いかな。油性ペンと一緒にオジサンに差し出す。
「これにサインお願いします!」
「あー……」
 さすがに畳み掛けすぎたのか、オジサンは顎を触りながら遠くを見るような目をして唸った。わたしは少しワクワクしながら返答を待っていると、
「さいん、とは何だ?」
 今度はわたしが黙る番だった。なんだろう、この全く予想だにしない返答は。混乱する頭を抱え、状況を整理しようと必死に自分を落ち着かせる。
 あんなに真顔で、普段使うような横文字を不器用に聞き返してくるのは、おじいちゃんくらいのものだ。でも、相手はそうじゃない。お父さんと同じくらいか、それより若いように見えるそこそこ普通のオジサンである。間違いなく、この人は俳優さんなどではない。だったら何だ。まさか。まさかとは思うけれど、そんな格好をしているのは、着物が不自然ではない時代の人ってこと? タイムスリップ? それとも異世界人? いやいや、わたしがからかわれているだけなのかもしれないじゃないか。逆に、実は本物の大御所の俳優さんで、そういう演技をしているだけなのかも。きっとそう。現実的に考えるなら、そうに違いない。
 本当を言うと現実的じゃない方が、楽しいんだけどね。
「やだなぁもう、からかわないで……って、あれ?」
 気付くとオジサンは隣の雑貨屋さんに移動していた。今度は水色の手袋を手に取っている。
「もう!」
 赤の他人とはいえ、一方的にモヤモヤを押し付けた上、こんな幼気な子供を一人放置するなんて、一体どういうことなのか。怒りを煽られたわたしは、ずかずかとまたオジサンの隣に陣取る。
「あの!」
「うん?」
「ちょっとお話聞きたいんだけど!」
「……それは、出来ない」
「お話してくれないなら、コレ鳴らすよ。良いの?」
 ずい、と彼の目の前に防犯ブザーを突き出す。気分は悪者に印籠を突きつける格さんだ。
「何だ、それは」
 わたしの余裕はまたも一瞬にして砕かれた。今時、防犯ブザーを知らないの? 何なのこの人。本当にわからないのか、オジサンはきょとんとした顔で小首を傾げている。
「これは……防犯ブザーよ」
「防犯ブザー……?」
「これを鳴らすと、あなたはそこら辺の人に包囲されて捕まえられるの!」
「俺は何も悪いことはしていない。捕まえられる理由はないはずだ」
 言われてみればそうだった。ズレてるくせに的を得ている。
「そ、それでも捕まるのよ」
「どうして?」
「それは……わたしがこの国のお姫様だからよ!」
 わたしのとんでもない屁理屈に、オジサンは目を見開いた。わたしだって咄嗟に考えた言葉にしてはぶっ飛び過ぎだと自覚している。でも話の通じないオジサンにだって責任があると思うんだ。そういうことにしておきたい。ただでさえ顔から火が出るほど恥ずかしいんだから。
「そうだったのか」
「そう、だよ……」
「それは失礼なことをした。申し訳ない」
「へ?」
 ぽかんとしているわたしに、オジサンは深々と頭を下げた。
「姫様、ということは今回のテイラーの件、聞いていると思いますが……」
「待って待って、悪ノリしないで! ごめんなさい、本当にやめて!」
「えっ」
「ていうか、こんな田舎でお姫様ってどんな設定よ」
「違うのか?」
「そう! もう、何処までわたしをからかうつもりなの?!」
「すまない。からかっているつもりはないんだが……」
 本当にすまない、ともう一度頭を下げた。いちいちペースが狂うなぁ。
 でも、今のやり取りが本気だったのなら、何だか怪しい。まさかのまさか、本当にタイムトラベラーとか、異世界人だったりして。
「ところでさ、テイラーって何?」
「え?」
「さっき言ってたじゃん。『テイラーの件、聞いていると思いますが』って」
「…………」
「もしかして、秘密?」
「……秘密、だ」
「ふぅーん……?」
 ますます怪しい。でも、これは利用できるんじゃない?
「ちょっと待って」

(5~7P)

スポンサーサイト

category: ◆小説(文字系ネタ)

2015/07/10 Fri. 13:41 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

ジェレ加護小ネタ梅雨(雪巳) 

頂きものばっかりになりそうなので何か何か何か書こう!!ということで、タイトルの通りでございます。
ただ、梅雨要素があるかどうかと言われると微妙!今は文章の練習あるのみ!
ということで追記からどうぞ。


-- 続きを読む --

category: ◆小説(文字系ネタ)

2015/06/08 Mon. 20:38 [edit]   TB: 0 | CM: 4

go page top

七夕ネタその2(氷梨) 


前回の七夕ネタその1の続き。前編後編でもよかったかな……(´・ω・`)


セージ「す、好きな子って言われても……」
ニトロ「セージくん、アカリちゃんと仲良いじゃん? そこどうなの?」
セージ「どうって……、ただテイラーに入った時期が近いだけですし……」
ニトロ「あ、歳? 年下だから好みじゃないとか?」
セージ「え? いや、そういうわけじゃ……」
ニトロ「じゃあ、ヒギリちゃんは? 頼れるお姉さんって感じで可愛いでしょ?」
セージ「え? いや、可愛いっていうか、どっちかっていうと、危なっかしいって感じですよね……?」
ニトロ「あ、わかった。ああいう強烈なタイプが苦手な感じか。うん、それはぼくもよくわかるよ」
セージ「はぁ……」(ほんとこの人話聞かないな……)
ニトロ「じゃあ、リリィみたいなのがタイプ?」
セージ「中身おっさんじゃないですか」
ニトロ「え、まさか、ジェレイラにいっちゃうの?」
セージ「いきませんから! ……というか、別に年齢はあまり好みに関係ないっていうか……」
ニトロ「あ、年下もありなのね」
セージ「ないなんて言ってませんし」
ニトロ「で、誰なの? いいからさっさと書いてよ」
セージ「えぇぇ……?(ど、どうしよう……。短冊だから吊るすんだよね? そんなのどう転んだって公開処刑じゃないか! 書けるはずない……)」
ニトロ「あ、フレッサちゃん」
セージ「?!」
ニトロ「いいところに来たね~」
セージ(あ、名前呼んだだけか……)
フレッサ「ニトロさん? それにセージくんも」
ニトロ「フレッサちゃんも短冊書いてよ」
フレッサ「短冊? あ、七夕のですか?」
ニトロ「うん、食堂につるすんだ」
フレッサ「えっとそれじゃあ……、『先輩が真面目に働きますように』」
ニトロ「もぉ、フレッサちゃんってば真面目だなぁ」(にこにこ)
セージ(僕の時と態度が違う……!!!)(´Д`;)
ニトロ「折角の七夕なんだよ? ロマンチックな逸話にちなんだ、恋愛関係のお願い事しなきゃダメだよ」
フレッサ「恋愛関係……ですか?」(´・ω・`)
ニトロ「そうそう。たとえば、好きな人の名前を書いたr……」
フレッサ「え、でも、七夕って、恋愛成就の話じゃないですよね?」(・ω・)
ニトロ「え? そんなことないよ。織姫と彦星が一年に一度だけ出会える素敵な話じゃないか」
セージ「でも、そもそも二人が引き離されたのって、結婚した途端に仕事を怠けたから……ですよね」
フレッサ「うん。だからこの話は、二人の再開を祝う話じゃなくて、怠けてばかりいたら好きな人にも会えない生活を送る羽目になるぞ、っていう戒めの部分のが大きいと思うんですよ」
セージ「確かに」
フレッサ「だから、どちらかといえば、仕事関係の願いを書く方が妥当だと思うんですけど」
ニトロ「……いや、でもね? 今回は恋愛関係の願い事じゃなきゃダメってことになってるんだよ。それに、折角なんだからもっと希望に満ちた願いの方がいいと思うけどなぁ」
セージ「あの、ニトロさん?」
ニトロ「……なに?」
セージ「(目が『ぼくフレッサちゃんと話してるんだけど』って語っている……(´Д`;))……えっとその、ちょっと気になったんですけど」
ニトロ「うん」
セージ「この短冊って、誰が集めるって言いだしたんですか?」
ニトロ「………………」
セージ「まさかニトロさん、職権乱用とかしてませんよね……?」
ニトロ「まっさかぁ! ぼくがそんなことするわけないじゃないか! あ! もうこんな時間か! ぼくちょっと、ルチルの調整しなきゃいけないから、これで失礼するね!」タタタタε=ε=(^ω^)/シ
セージ「あ、逃げた……」
フレッサ「絶対、職権乱用してたわね」(-ω-;)


テイラーは働かない男子多過ぎ。


category: ◆小説(文字系ネタ)

2014/07/16 Wed. 14:42 [edit]   TB: 0 | CM: 3

go page top

七夕ネタその1(氷梨) 


お待たせしました七夕小ネタ!
今回はセージとニトロのお二人。華のない図で面目ない\(^O^)/
場所は食堂とかかなー。

ニトロ「あ、セージくん。今日七夕だから、これ書いて」
セージ「短冊ですか?」
ニトロ「そうそう。食堂につるすやつだから、ちゃんと書いてね」
セージ「(短冊とか小学校以来だなぁ……)あ、じゃあ、あとで書きますね」
ニトロ「今書いて」
セージ「え」
ニトロ「じゃないとぼくが二度手間になるでしょ」
セージ「それはまぁ、そうですけど……。(でも急に願い事書けって言われてもなぁ。何も思いつかない……)」
ニトロ「まだー?」(・ω・)
セージ「まだ数秒しか経ってませんよね?!」
ニトロ「願望なんていくらでもあるでしょ!ぼく忙しいんだからさっさと書いてよ!」
セージ「えぇぇ……(´Д`;)じゃ、じゃあ……『早く一人前のテイラーになれますように』」
ニトロ「はい却下ー」(・ω・)短冊ビリー
セージ「えぇぇぇ?!」
ニトロ「もうね、クソ真面目すぎてつまんない。ダメ。やり直し」
セージ「そう言われましても……」
ニトロ「大体ね、七夕は織姫と彦星が年に一度出会えるロマンチックなイベントなんだよ?どうしてこんな枯れ果てた願い事書くのさ。書くなら恋愛関係の願いごとにしなよ」
セージ「恋愛関係の願い事ですか?」
ニトロ「好きな子の名前とか書きなよ」
セージ(あ、これ、七夕を利用したパワハラだ……)(´・ω・`)

もしくは七夕を利用したセクハラか暇つぶし。

category: ◆小説(文字系ネタ)

2014/07/14 Mon. 22:58 [edit]   TB: 0 | CM: 3

go page top

旧暦式節分(氷梨) 


本来節分は2/3ですが、旧暦にあわせたら3/3に実施されるはずなので、遅刻ではないはずです!←
そんな感じで節分ネタ。ツバキ組+ひなですー。


ひな「鬼はー外ぉー!」(・ω・)/シ∴(豆バラバラ)
勝「お、今日は節分かぁ!」
ひな「そうよ! だからひな、ツバキ探してるの!」
ニトロ「何て恐ろしいことを!」
勝「ってか、ツバキって豆効くのか? なんか普通に、うめーうめーって食いそうじゃね?」
ひな「でも前に豆当てたら弱ってたわよ」
ニトロ「?!」Σ(゜Д゜;)
勝「?!」Σ(・Д・)
ひな「あ、ツバキいたぁ!」
ツバキ「おや、ひな? 一体どうしまし……」
ひな「鬼はー外ぉー!」(・ω・)/シ∴
ツバキ「きゃー! やめて下さいー!」
ひな「えへへへっ、福はぁうち~」(・ω・)/シ∴
ツバキ「もぉ、ひなってば! 怒りますよ?」
ひな「ごめんなさい。でもでも、福は内もしたから、鬼のツバキにも良いことあるわよ! なんてったって、ひながやったんだからね! とびっきりの良いことあるわよ!」
ツバキ「ひな……!」
ニトロ「あ、きゅんってしてる」



~その後~

勝「なぁなぁニトロ! おれらもツバキに豆投げてみようぜ!」
ニトロ「やだよ」
ファイ「え~、ほんとに弱点だったら楽しそうじゃんかぁ~」
ニトロ「あんなのフリに決まってるし、もし仮にほんとに弱点だったとしても、ぼくらが投げた豆がバラバラってヒットする前にぼくらの方がバラバラになる!」
勝「えー」(´・ω・`)
ファイ「ぼくはねぇ、投げた豆を一粒残らず「くれるんですねー」って笑いながら空中キャッチして食べると思うなぁ」
ニトロ「それはそれで怖い光景だね……」
勝「けどさー、ほんとに豆が弱点だったらなんか仕掛けてーじゃん」
ニトロ「それはまぁ……そうだけど」
ファイ「じゃあじゃあ、ニトロだったらどうする?」
ニトロ「白滝に大量の豆料理を出すよう頼む」
勝「うわ、えげつな!」



ツバキさんが大豆ごときに屈するはずがないので、ひなに対するフェイクです。可愛いものにはサービスしちゃうよ!
どうやったらツバキさんに勝てるか考えている勝と、楽しいことをしたいだけのファイさんと、まともなようでただの腹黒のニトロさんは、リアクションが違います。あと、基本的にツバキさんに対してはさわらぬ神にたたりなしな状態なので、珍しく大人しいですね!激レア!
ちなみにこのネタ、一月末くらいに雪巳ちゃんに「これってブログ上げてたっけ?」と去年のメールを発掘してもらったやつが元です。私は双子とツバキさんの口調確認してもらって更新した気でいたのか、綺麗サッパリ忘れていたので、「よし今年の節分に更新しよう!」と手直ししたのですが、それも当日、綺麗サッパリ忘れたという……\(^O^)/
あと、気づいたら今日ひな祭りとか、あれ……私去年のひな祭りまだ終わってないんだけど……(^q^)な状態でもうどうすればいいかわからないですね! でも締切近いのでとりあえず原稿してきます><

category: ◆小説(文字系ネタ)

2014/03/03 Mon. 15:36 [edit]   TB: 0 | CM: 3

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。