骨組段階

小説サークル『骨組段階』のブログ。作品情報や設定、小ネタなど更新しています。

03« 2011 / 04 »05
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

テスト週間に掃除がしたくなるみたいな勢いで(氷梨) 

イベントまで一週間キリましたね!やっべーなぁ!←

どこもかしこも修羅場な感じでしょうか。あ、でも、オフセット印刷とか頼めるサークルさんはもっと前に修羅場が来てるんですかねー。

自宅コピーだと前日まで修羅場とかザラですが!あと、前日通り越して当日朝までやってたりとか、会場でペーパー切ったりとかね……。


やらなきゃならない作業が山積みになると、逃避したがるのか別の作業したくなります。今回はカッとなって、拍手絵描いたりしてました……(´・ω・`)

御礼画面が真っ白から変更されてますので、気になった方はぽちっと押してやってくださいー。

真っ白じゃなくなっただけで、あまり綺麗なものじゃないですが、何もないよりは良いよね!という自分への甘さでお送りしています←

あ、PCからじゃないと見れないかもです。少なくとも、私のケータイでは画像表示されなかったので……。でもそろそろ古い型になるかもしれないので、最新の人とかだと見れたりするのかなぁ……?微妙ですが(´・ω・`)



 


スポンサーサイト

category: つぶやきとか

2011/04/29 Fri. 01:53 [edit]   TB: 0 | CM: 4

go page top

計算出来てないwww(氷梨) 

新刊のページ数間違ってます。
57じゃなくて58ページです。袋とじ印刷で奇数ページなる訳ないだろ自分www
まぁ、ただでさえ計算出来ない奴に、夜中に暗算させたらいかんですね!

category: つぶやきとか

2011/04/26 Tue. 09:26 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

次回イベントのお知らせ(氷梨) 

新刊間に合いそうな感じです!

『青き龍、海を駆ける』著者氷梨、ストーリー原案は雪巳ちゃんです!

メインキャラは、セージとジェレイラ姐さん。ジェレ姐初登場で、さらにはハウンドメンバー初登場の本になります!他にもイデアルから数名登場してますー。


そんでもって、表紙は毎度のことながら、潤江ちゃんに描いてもらってます。

前回の桜もヤバかったですが、今回も更にヤバいです。(良い意味で)



表紙ドーン!!!




ドヤァッ!!!(`・ω・´)←お前何もしてない

龍です龍!ヤバいっすよ!パねぇっすよ!

みんな、ジャケ買いすれば良いと思う。ほんと。表紙だけで300円の価値あると思うよ(´∀`*)

製本しちゃうと、全体の絵が見にくくなってしまうのが勿体無いので、この画像で堪能してね!←

あと、家のプリンタがポンコツなので、画像通りに色を印刷してくれないのです。なんで、画像の絵は水色っぽい青ですが、もっと落ち着いた青の龍になります!


そんな感じでギャアギャアはしゃいでたら、チケット届きました。スペースは『J18』になります!

今回も創作サークル多いと良いなぁ……!



何はともあれ、龍を引き連れて五月五日にイベント参加してきます!

参加される方よろしくです~。


category: つぶやきとか

2011/04/26 Tue. 01:52 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

春の工作(氷梨) 



おかげ様で商品が増えてきたので、陳列方法にあれこれ頭を悩ませています。

前回のイベントで「コレ良いんじゃねッ?!(´∀`)」と小物入れ(?)を利用して、『旧刊』として針休めを置いておいたのですが、ケースのせいで肝心の表紙がほとんど見えず、上に引き抜かないと取り出せないせいか、誰にも触ってもらえず……。あと、このケース利用だと、頑張っても二冊か三冊しかおけず、しかも目立たないんじゃ話になんないよね、って感じでして。



まぁ、どうでもいい前置きはともかくとして、夜中にもそもそ工作してたりしてました。

丁度良いケースがないなら、作ってしまえば良いじゃない!

創作魂ならぬ、工作魂に火がつきました。

材料はどれも工作で使うようなものです。大量に転がっていた、鷲のマークのファイト一発の入っていたダンボール、ガムテープ、包装紙(?)、柄入りのテープなど。あとはセロテープ、ノリ、ハサミ、カッターなど。

ダンボールを分解して、ガムテープでやたらめったら補強し、上から包装紙で覆います。それだけだと端が汚かったので、テープで縁取りました。


で、小学校の工作よろしく出来たのがコレ↓






で、見本誌を立てるとこうなる↓







ドヤッ!(`・ω・´)←



斜め挿しなので、若干表紙が見えるのと、前のよりは手に取りやすくなったのではないかと思います。

四冊まで挿せるけど、今のところ挿せる商品が二冊しかないのでスッカスカなんですが……。まぁ、これを埋めるため!と思って頑張れば良いですね。

次のイベントから導入する予定ですが、キャリーの中で壊れないかだけが心配……。なんたって工作。強度などない!(`・ω・´)ドヤッ!←←←




 


category: つぶやきとか

2011/04/23 Sat. 22:21 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

上手くいかなくてもやもやする(氷梨) 



絵だけかと思ってたけど、文章でもセージ安定しません。

肝心の締めが上手くいかな過ぎて同じ場面を何度も繰り返してます。しっくりこないし、すっきりしないのが嫌で頑張ってるのですが、頭使いすぎて頭痛くなってきたという\(^O^)/

理論的に考えれば考えるだけわからなくなってくるので、直感で書きたいのですがそれも難しい。ナオキとかヒギリは思考回路が単純なので楽ですが、セージ難しいよお前……!

語り部向きな性格なので仕方ないのかもしれないですが、彼に語り部任すと思考が脱線してページ数かさむのが問題っていうね。

個人的にセージの性格を把握するべく出した結論としては、セージは『譲ってしまうから弱い子』になるんだと思います。相手に、空気に、流れに、意思を譲ってしまうから、ふらふらしてしまって弱くなる。だから、たまーに『譲らない』『譲れない』場面になると、たくましくなったりするんだと思います。常に自分の意思を通せるしっかりした精神力を身につけたら、彼は凄く優秀な人材になるのではないかと思うのです。ただ、そんな日がくるとは思えないんですけどね。



自分の子がわからなくなるとか、お前どういう作者だよ!ってつっこまれそうですが……、結構こういうことがあるという……(´・ω・`)

漠然とですが、キャラになりきって書いてる、という面も少なからずあるので、キャラが掴めてないと途中で「あれ?」ってなってしまうのです。読み手側からしたら、私が発信する『キャラ』が全て『正しく』『正常』になるのですが、だからといって、大切な我が子を自分の都合で歪めたくないのです。都合じゃなくても、私がブレたからって、我が子たちもブレるような状況は、作者として失格のような気もするのです。……以上、氷梨さんのワガママとみみっちぃプライドでした。



新刊出せるように頑張るよ……!頑張るよ、マジで!私はやれば出来る子!(自己暗示)


category: つぶやきとか

2011/04/19 Tue. 19:18 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top