骨組段階

小説サークル『骨組段階』のブログ。作品情報や設定、小ネタなど更新しています。

09« 2012 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

コミライお疲れ様でしたー>< 

イベントお疲れ様でした!
悪天候だったためか、なんだか他人数が少ない印象でした。ピークの混雑時でも通路に人の壁が出来ないっていうか、どの時間帯も通路スカスカだったよ……(´・ω・`)
今回こそ簡潔にまとめようと思います。ので、箇条書きに!

・案の定の雨に半笑いになりながら会場へ。(知人と一緒に参加する時の雨率高すぎるwww)
・スペース設置の終盤、ふと右手の手のひらに赤い汚れが……。
・よく見ると血のようだ。
・しかしどこも痛くない。
・混乱しつつ右手を観察すると、薬指の爪が半分くらい赤くなってる。
・しかし痛みがないため一瞬マニキュアかと誤認する。
・薬指の半分しか塗らないとか、いくらなんでも斬新すぎるだろとセルフツッコミ。
・恐らくささくれがとれて出血したようなのだが、なんかもう黒くなってる
・知人に絆創膏もらい事なきを得る
・開場して間もなくあんたいとるに突撃する
・CD下さいCD!!!(゚∀゚*)=3
・まだ準備途中だったのにCDくれるかけるん。流石男前!←
・……いやもう、ほんとすみませんっした!
・辛梨さんが来てくださる
・今日は会えないと思っていたのでテンションあがる氷梨
・辛梨さんの描いたナオキとセージに動揺する氷梨
・あまりの嬉しさに叫びそうになったので「後でしっかり見ます!」と一旦時間を置く
・気持ちを落ち着かせてからじっくり見る
・気持ちを落ち着かせたはずなのに叫びそうになる
・見る→によによしつつとりあえずしまう→また出す→によによしながら見る→しまう、を繰り返す
・危ない子じゃねーか!\(^O^)/←セルフツッコミ
・以前本を購入してくださった方が遊びに来てくれる
・感想もらってホッホイーヽ(´∀`)ノってなる氷梨
・「ギャップ萌えはいいっすよね!(`・ω・´)」と語りだす氷梨に付き合ってもらう
・本当にありがとうございましたー^^

イベントの醍醐味は、やっぱり直接感想を頂けることだと思いました。勿論、コメント欄でもらう「面白かったです」の一言にも十分破壊力ありますが、また足を運んでくれる、ということも上乗せされるわけなので、嬉しさも倍増するっていうか……^^
こうやって意見をもらうと、「もっと頑張ろう!」って気になりますね!ほんと頑張ります!

で、帰宅してから完成したCDを聞いたのですが、なんつーかもう……良い意味で「なんだこれ」ってなりました。
自分の書いたセリフを読んでもらっただけでもそうなりましたが、それ以上の衝撃です。
効果音が入るだけですごくリアルにみんなの様子がイメージできるようになりました。センがバタバタしてるのが可愛くてたまらないです。
あとあと、BGMが格好良くてですね!なんかもうこれ……これ凄すぎるだろと。聞きながらひたすら「これすごい」「これやばい」と呟いていました。
自分の書いたものをここまで作り上げてくれたことに本当に頭が上がらない思いです。
一人でも多くの人に聞いてもらいたいと、そう思いました。最初からこんな思いとか、もう、もう作者冥利につきるっていうか、私の心臓もつのかしらと思うのだけれども、それはいらない心配でしょうか!
まぁ、私だけが満足していてもダメなんですけどね!やっぱり、他の方に気に入ってもらえるのが一番です。ちょっとでもいいな、って思ったら、遠慮せずに教えてもらえると嬉しいです。創作してる人ならみんなわかることだけど、「面白かったです」の一言で制作者は救われます。ほんと冗談抜きで。
CDの方は私だけでなく、沢山の方のおかげで完成したものになるので、「良かったなー」という気持ちがあれば素直に伝えてみてくださいませ!みんな喜びますので!

なんか長くなりましたが!
ペーパーに半分のせていたハロウィン絵もUPしました!その後にこんな会話してんだろーなーっていうネタもありますので、お暇でしたらご覧ください!

スポンサーサイト

category: つぶやきとか

2012/10/30 Tue. 18:51 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

お菓子争奪戦 

お菓子争奪戦 
※クリックで大きくなるよ。ピクシブのがもっと大きいよ※

「イタズラなんてする気ないんでしょう? お菓子が欲しいのなら力づくで奪ってみなさい!」

ハロウィンを楽しみたい子供……ではなく、仮装組と、お菓子をあげる大人……でもないな、支給組側の図。
このメンバーだと、仮装組はイタズラよりもお菓子目当てです。ハロウィンは菓子をもらう行事と思ってそうなくらいです。だからこもたんあたりが、「うちのお菓子がほしいんやったら、力づくで奪ってみーや!」とか発破かけるとあっさり乗ると思うの。そうして勃発するお菓子争奪戦^^
仮装組の総大将はヒギリで、支給組の総大将はこもたん。
ガチでバトったら楽しそうだなぁと思いつつも、ソサカとかフレッサがいるからそうもいかないんだろうな。きっとみんな怒られて「お菓子どころか、ハロウィン自体をなしにしますからね!」とか言われて「そ、それだけはー!」って慌てて謝るんだと思う。セージは無意味な第一撃をくらうというそんなオチです。


◆会話ネタ1。偽ハロウィン。

アカリ「セージくん、顔真っ赤だねー。大丈夫?」
セージ「うん、なんとか……。でもまさか、カボチャが飛んでくるとは思わなかったよ……」
アカリ「え? でもハロウィンでは日常茶飯事なんでしょ?」(・ω・)
セージ「……え?」(隣にいるフレッサに無言で助けを求める)
フレッサ「……ねぇ、アカリ。アカリってハロウィンをどう認識しているのかしら?」
アカリ「えっと、まずはトリックオアトリートってかけ声で、お菓子をもらうでしょ?」
セージ「……うん」(まずは?)
アカリ「それで、お菓子をもらったお礼に、かぼちゃを投げつけるんだよ!」Σd(`・ω・´)ドヤァ
セージ「違う!」
フレッサ「途中まではあってたのに!」
アカリ「え? ハロウィンって、健康祈願のお祝いじゃないの? 投げつけられたかぼちゃが当って砕けると、先一年は病気知らずなんでしょ?」
セージ「かぼちゃ投げつけられた時点で怪我しちゃうって!」
フレッサ「……でも確かに、その時の打ちどころが悪くて、二度と起き上がらなければ先一年どころか未来永劫病気はしないけど……」
セージ「何その怖い理屈?!」
アカリ「あれ? また違うの?」(´・ω・`)
セージ「アカリちゃんは勝さんの発言を鵜呑みにするの止めた方が良いと思う……」


◆会話ネタ2。もし本当に闘ったら

セージ「もしも僕らが、本当にお菓子をかけて闘ってたら、どっちが勝ったのかな?」
アカリ「あ、それ確かに気になるね!」
フレッサ「普通に考えたら、頭数の多い方よね」
アカリ「えっとー……、ガブさんも入れると同じ人数だね」
フレッサ「そうでもないわよ。わたし戦闘はからきしだから、数に入れちゃだめよ」
アカリ「そ、それを言われると、私も一と換算出来るほどの実力はまだ……」(´・ω・`)
セージ「え、アカリちゃんが駄目なら、僕も数えちゃだめじゃない?」
アカリ「セージくんはちゃんと戦えるじゃん!」(`;ω;´)
セージ(キレられた?!)
フレッサ「セージくんはともかく、シャガも闘わないんじゃないかしら。いつも怖がって逃げてるくらいだもの。仲間と闘うなんて出来ないんじゃない?」
セージ「それを言い出したら、ソサカ君もアウトだよね。あとタツキさんも、戦闘をこなせるかどうか微妙っていうか……」
アカリ「うーん……。どっちが勝つかの予想どころか、戦闘風景さえ想像出来ないなんて……」
フレッサ「まぁ、みんな仲が良い証拠なんだし、良いことじゃないかしら?」
アカリ「でもでも、どっちが勝つか気になるじゃんかー」ぷんぷん!
セージ「……っていうか、そもそも、総大将が白滝さんって時点でなんか負けそうな気がする」
フレッサ「……戦略とか絶対考えそうにないもの。総力戦だったら、わたしたちのが負けちゃいそうよね」
アカリ「でもこももさんもソサカくんもお菓子を持ってるわけでしょ? お菓子が惜しけりゃ動くな!とか、そういう牽制があったらナオキさんは動かないと思うな」
セージ「そういやナオキって包帯してたよね。片目で戦えるのかな?」
フレッサ「視力が完全に奪われたわけじゃないんだから、平気じゃないかしら?」
アカリ「うーん……。……あ、タツキさん、いいところに!」
タツキ「…………なんだよ」
アカリ「今、私たちが本当にお菓子をかけて闘ったらどっちが勝つかって、話してたんですけど、タツキさんはどっちだと思います?!」
フレッサ「ちなみに、今の段階だとヒギリさんたちが勝つって方が優勢なんですけど」
タツキ「……状況によるな」
セージ「……よるんですか」
タツキ「オレたちが菓子を持っていて、それをあいつらが力づくで奪えるかどうか、って話なら、間違いなくオレたちの勝ちだ」
アカリ「なんと?!」
フレッサ「ちなみに、どういった理由で?」
タツキ「内部分裂で戦力が崩壊する」
セージ「どうなったらそうなるんですか?!」
タツキ「オレたちは闘わずに逃げ回ればいい。ひたすら菓子を隠し、食料も与えず、あいつらを振り回す。すると、腹を空かせたナオキあたりがまず寝返る」
アカリ「な、ナオキさんはそんなことしませんよ!」
タツキ「裏切らなくても同じだけどな。腹が減ったナオキは、緑を野菜か何かと間違えて食べようとする」
アカリ「…………!」
セージ「……どうしてだろう、否定できない」
アカリ「ナオキさん、ごめんなさい……!」
タツキ「っつーかそもそも、ヒギリが指揮官って時点で負け確定だろーが」
セージ「そういうこっちも、指揮官白滝さんですよ」
タツキ「白滝は総大将だ。指揮官だったら、ガブさんとかオレとかソサカとかいくらでもいるじゃないか」
フレッサ「確かに……」
タツキ「総当たり戦ならともかく、ただの戦っていうのなら、智将の差で勝負が決まるのは当然だろ」
アカリ「なるほどー」

category: ◆絵(画像系ネタ)

2012/10/30 Tue. 18:50 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

 

イベント前日……っつーかもう、日付的には本日ですがががが。
新刊の表紙UPしました。ピクシブには題字なしのサイズ小さめをUPしてます><
黒ずくめのナオキをいかに綺麗に塗るか頑張っても、印刷すると真っ黒になっちゃうんですよね(´・ω・`)
とはいえ、ナオキは装飾類がないうえ、色数が少ないのですごく作業が楽です。しかし気づけばパーカーの裾が伸びていくという……www

何はともあれ、明日はイベントですね!
久々に模様替えしたり、スケブ出したりしてますよ。配置上、下半分が見えなかったのでスケブの絵を描き直したのですが、ひっさびさに色鉛筆使ったのですが超楽しかったっす。立ち寄ってくれる方は、「あー、これねー」とか思いながら見てやってくださいまし。ナオキとヒギリとアカリが本選んでるところです。アカリって何気に文学少女だから、普段本読まない二人に色々すすめそうです。

忘れ物ないか心配ですが、ちゃんと荷造りしたのでそうそうひどいポカはないはず……(`・ω・´)
本とペーパーさえあれば大体なんとなかるよね!
あ、当日ですが、鼻ずるずるすすってたらすみません^^
不本意ながら、最近甥っ子と風邪菌キャッチボールしてるのですよ……。私が治りかけると甥っ子がひいて、甥っ子が治りかけると私がひいってって感じで、最近は常に二人が鼻たらしているというwww鼻が出るくらいで熱とか下痢とかひどい症状がないからあまり警戒してない私……。甥っ子が喋りだしたら怒られそうです。←冤罪だがすでに怒られたことはある。(コンタクトして外した眼鏡を洗面所の指定位置においておいたら、甥っ子は小さい頭でそれを出しっぱなしと判断したらしく私の眼鏡をもって「あーちゃん(お姉ちゃん)、もぉー!」って怒られた。反論したら可愛い声で「えー?」ってとぼけた。この野郎かわいいなおい)←ダメな伯母
伯母馬鹿トークはほどほどにしてさっさと寝ますー。

category: つぶやきとか

2012/10/28 Sun. 00:29 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

嘘つきと大嘘つきの嘘 カバー 

嘘つきと大嘘つきの嘘 

クリックで拡大。

2012.10.28より発売開始の『嘘つきと大嘘つきの嘘』のカバー絵。
PC上だと題字赤いのですが、印刷したらなんかセピアっぽくなちゃった……(´・ω・`)


category: ◆絵(画像系ネタ)

2012/10/28 Sun. 00:02 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

スペース&新作情報+ラクガキ 

告知がギリギリになってしまってすみません!

10/28名古屋 スペースJ15 にて参加予定です。

新刊も販売予定です!
『嘘つきと大嘘つきの嘘』
70P300円になります!
ナオキのお話で、微妙に続いております。(最近そんなのばっかですが)
ここからあと三話くらいで展開していく予定のナオキ過去編の第一歩になるのかと……。
ざっくりとした時間設定しか決めてませんが、この本は時間軸的には新しい方に入ります。一冊だけこの本より新しい時間(っていえばいいのだろうか)の話があるので、どれか当ててみてください^^←
話の核心に迫るような接点はないと思いますが、遅咲き桜~と忘却記憶~を読んでいたほうが楽しめそうな内容です。
なんかいつになくシリアスなお話になってしまったので、気に入ってもらえるかドキドキしながら製本しております!間に合えば最初からカバーつきになります!よろしくです!

そしてそして!大本命のCDが今度こそ発売です!(`・ω・´)
あんたいとるのスペースは J5 となっております!
ラジオのページに、サンプルのデータもあがっておりますー!
↓こちら!
あんたいとるらじお
あんたいとるは同日開催のでじっく☆フェスタの方にも参加されるようなので、そちらに参加される方もご購入いただけますよ!うちは分裂出来ないのでコミライだけです(´;ω;`)
是非とも、よろしくお願いします!

余裕あればカバー絵もUPしたいのですが、間に合うだろうか、どうだろう……。

とりあえずらくがき投下。
新作コンビ。(セン描くのまずかったら教えてください!><)
ナオキとセン
三食アイスにときめくセンと、構わず食べ続けるナオキ。
センが持ってるアイスはイチゴ味で、ナオキのはバニラと抹茶とスイカです。
嘘つきと大嘘つきの嘘に季節感はありませんが、転生狐はアイスがお好きは夏のお話です。
どちらもよろしくお願いしますです!!!

category: ◆らくがき

2012/10/25 Thu. 00:32 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top