骨組段階

小説サークル『骨組段階』のブログ。作品情報や設定、小ネタなど更新しています。

10« 2013 / 11 »12
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

ミッ☆キャーン(氷梨) 

ミッ☆キャーン

みかん美味しいですよね!こたつ愛用者の加護ちゃんは蜜柑を常備しているはずなので、みかんが箱で安く手に入ったりしたらすごく嬉しそうにしてると思います。
箱の柄に深い意味はありません。そうです、夜中のテンションです←

スポンサーサイト

category: ◆らくがき

2013/11/29 Fri. 01:37 [edit]   TB: 0 | CM: 4

go page top

こたつねこ(氷梨) 

ローラの動く城

最近めっきり寒くなりましたね!うっかり風邪ひいて鼻が詰まって詰まってなりません。これはもう風邪を通り越して鼻炎じゃないかとさえ疑えてきた今日この頃、らくがきを投下しておきます……。ちゃんと……ちゃんと生きてますので!←
冬といえばこたつ、こたつといえばにゃんこ、にゃんこと言えばローラさん。
そんな感じで深く考えずに描きましたが、よくよく考えると非常にシュールな絵ですね。雪巳ちゃんには『ローラの動く城』と名付けられたせいで、この状態でずりずり本部徘徊しているとしか思えずよりシュールな展開に……。しかしアリョさんの反感を買ってすごい勢いで撤去されそう^^

category: ◆らくがき

2013/11/18 Mon. 02:04 [edit]   TB: 0 | CM: 3

go page top

イデアル仮装組が訪問したら(氷梨) 

イデアルの仮装組が、お菓子をもらいに参上したらの4コマ。
線が荒くてごめんね。

妖怪空気ヨーミ


ざざっと描いたらフレッサの仮装だけパーツなさすぎて笑えるわ……(´・ω・`)
何はともあれ、ハロウィンネタを振り返ると「あれ……これ、みんなお菓子持てなくね?(´・ω・`)」ってなったんですよね。でもきっと、セージ君が見るに見かねて荷物持ちをしてくれると思うんですよ。だってセージだもの。←
セージ一人だけ私服という逆に恥ずかしいポジションではありますが、きっとアカリが帽子を貸してくれるんだと思います。そしてガブさんに「ん?セージはあれか。妖怪ニモツモーチか」「違います」とか即答してればいいと思います……。
あと何気に、このお菓子運びはレベル高そうです!だって大量のお菓子を持ち運ぶんですよ?ナオキが来ないはずないじゃないですか!!!
ゾンビさながら追いかけてくるナオキとかマジ恐怖。
……いやまぁ、冗談ですけどね。ソサカもいるし、流石に勝手に奪ったりはしないはず……(´・ω・`)

それにしても、雪巳ちゃんが遅刻を気にする中、普通に『描き上がったらUPすりゃいいよなー(・ω・)』とけろっとしていた氷梨さん……。だってほら、テイラーだと季節感ないからさ……ほら……(ごにょごにょ)
ちなみにタツキさんはお菓子をもらいに行くのに誘われましたが「仕事がある」といつも通り部屋にこもっているので不参加です。でも本当に仕事があるのかは不明です。ガブさんもお仕事だよ!
ハウンドだと、アリョさんは仕事、サーニャはローラと遊んでいる、こもたんはお菓子の調合に忙しく、リッちゃんはファイさんをまくのに必死なので行列には不参加です!(`・ω・´)←


category: ◆らくがき

2013/11/06 Wed. 01:27 [edit]   TB: 0 | CM: 4

go page top

とりっくおあ……(雪巳) 

アリョーシャ「今から任務か?」
加護「あ、嗚呼、そうだ。……どうした? 何処か悪いのか? 医者に転職するのか?」
アリョーシャ「この格好のことか? ただの仮装だ。サーニャが随分と張り切っていたからな……今回は俺も巻き添えをくらったというわけだ」
加護「サーニャの手作りなのか」
アリョーシャ「嗚呼。器用だとは思っていたが、こんなものまで作れるらしい。しかも父親の着丈を把握しているとはな。ゾンビメイクだとか言って化粧までさせられたが」
加護「よく似合ってる」
アリョーシャ「サーニャも気合いが入っていたんだろう。見慣れた父親が違う格好をするのが面白いらしい」
加護「俺も、仮装した方が良いだろうか」(´・ω・`)
アリョーシャ「お前さんはこれから任務だろう。仮装よりも、菓子は用意しているのか?」
加護「菓子?」
アリョーシャ「せめてお前さんの上司の分は確保しておけよ。それと、雛菊の分もだ。お前さんから貰えなかったとあちこちに八つ当たりされたらかなわんからな。まぁ、わかっているとは思うが」
加護「菓子……魚肉ソーセージじゃ駄目だろうか」
アリョーシャ「駄目だろ(こいつにとって魚肉ソーセージは菓子扱いなのか……)」(-"-)

大遅刻してますが、ハロウィンネタです。
アリョさんは仮装してるのに、どうして同じおっさんキャラの加護ちゃんはしてないの?と考えた結果、こんな会話に。
きっとお菓子は羊羹とかせんべいを渡して結局ひなにブーイングされてるんじゃないかしら。
魚肉ソーセージを避けてもハロウィンっぽさのかけらもないチョイスに定評のある加護ちゃん。
もし任務がなかったら、ゾンビメイクに倣って落ち武者にでもなろうとしたかもしれませんね。
縁起でもないのでやめて頂きたいですが!

しっかしキャピキャピしたお祭りなのにおっさんの会話て。雪巳クオリティなのでご勘弁くださいませ!

 

category: ◆小説(文字系ネタ)

2013/11/05 Tue. 16:19 [edit]   TB: 0 | CM: 2

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。