骨組段階

小説サークル『骨組段階』のブログ。作品情報や設定、小ネタなど更新しています。

06« 2014 / 07 »08
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

--/--/-- --. --:-- [edit]   TB: -- | CM: --

go page top

七夕ネタその2(氷梨) 


前回の七夕ネタその1の続き。前編後編でもよかったかな……(´・ω・`)


セージ「す、好きな子って言われても……」
ニトロ「セージくん、アカリちゃんと仲良いじゃん? そこどうなの?」
セージ「どうって……、ただテイラーに入った時期が近いだけですし……」
ニトロ「あ、歳? 年下だから好みじゃないとか?」
セージ「え? いや、そういうわけじゃ……」
ニトロ「じゃあ、ヒギリちゃんは? 頼れるお姉さんって感じで可愛いでしょ?」
セージ「え? いや、可愛いっていうか、どっちかっていうと、危なっかしいって感じですよね……?」
ニトロ「あ、わかった。ああいう強烈なタイプが苦手な感じか。うん、それはぼくもよくわかるよ」
セージ「はぁ……」(ほんとこの人話聞かないな……)
ニトロ「じゃあ、リリィみたいなのがタイプ?」
セージ「中身おっさんじゃないですか」
ニトロ「え、まさか、ジェレイラにいっちゃうの?」
セージ「いきませんから! ……というか、別に年齢はあまり好みに関係ないっていうか……」
ニトロ「あ、年下もありなのね」
セージ「ないなんて言ってませんし」
ニトロ「で、誰なの? いいからさっさと書いてよ」
セージ「えぇぇ……?(ど、どうしよう……。短冊だから吊るすんだよね? そんなのどう転んだって公開処刑じゃないか! 書けるはずない……)」
ニトロ「あ、フレッサちゃん」
セージ「?!」
ニトロ「いいところに来たね~」
セージ(あ、名前呼んだだけか……)
フレッサ「ニトロさん? それにセージくんも」
ニトロ「フレッサちゃんも短冊書いてよ」
フレッサ「短冊? あ、七夕のですか?」
ニトロ「うん、食堂につるすんだ」
フレッサ「えっとそれじゃあ……、『先輩が真面目に働きますように』」
ニトロ「もぉ、フレッサちゃんってば真面目だなぁ」(にこにこ)
セージ(僕の時と態度が違う……!!!)(´Д`;)
ニトロ「折角の七夕なんだよ? ロマンチックな逸話にちなんだ、恋愛関係のお願い事しなきゃダメだよ」
フレッサ「恋愛関係……ですか?」(´・ω・`)
ニトロ「そうそう。たとえば、好きな人の名前を書いたr……」
フレッサ「え、でも、七夕って、恋愛成就の話じゃないですよね?」(・ω・)
ニトロ「え? そんなことないよ。織姫と彦星が一年に一度だけ出会える素敵な話じゃないか」
セージ「でも、そもそも二人が引き離されたのって、結婚した途端に仕事を怠けたから……ですよね」
フレッサ「うん。だからこの話は、二人の再開を祝う話じゃなくて、怠けてばかりいたら好きな人にも会えない生活を送る羽目になるぞ、っていう戒めの部分のが大きいと思うんですよ」
セージ「確かに」
フレッサ「だから、どちらかといえば、仕事関係の願いを書く方が妥当だと思うんですけど」
ニトロ「……いや、でもね? 今回は恋愛関係の願い事じゃなきゃダメってことになってるんだよ。それに、折角なんだからもっと希望に満ちた願いの方がいいと思うけどなぁ」
セージ「あの、ニトロさん?」
ニトロ「……なに?」
セージ「(目が『ぼくフレッサちゃんと話してるんだけど』って語っている……(´Д`;))……えっとその、ちょっと気になったんですけど」
ニトロ「うん」
セージ「この短冊って、誰が集めるって言いだしたんですか?」
ニトロ「………………」
セージ「まさかニトロさん、職権乱用とかしてませんよね……?」
ニトロ「まっさかぁ! ぼくがそんなことするわけないじゃないか! あ! もうこんな時間か! ぼくちょっと、ルチルの調整しなきゃいけないから、これで失礼するね!」タタタタε=ε=(^ω^)/シ
セージ「あ、逃げた……」
フレッサ「絶対、職権乱用してたわね」(-ω-;)


テイラーは働かない男子多過ぎ。


スポンサーサイト

category: ◆小説(文字系ネタ)

2014/07/16 Wed. 14:42 [edit]   TB: 0 | CM: 3

go page top

七夕ネタその1(氷梨) 


お待たせしました七夕小ネタ!
今回はセージとニトロのお二人。華のない図で面目ない\(^O^)/
場所は食堂とかかなー。

ニトロ「あ、セージくん。今日七夕だから、これ書いて」
セージ「短冊ですか?」
ニトロ「そうそう。食堂につるすやつだから、ちゃんと書いてね」
セージ「(短冊とか小学校以来だなぁ……)あ、じゃあ、あとで書きますね」
ニトロ「今書いて」
セージ「え」
ニトロ「じゃないとぼくが二度手間になるでしょ」
セージ「それはまぁ、そうですけど……。(でも急に願い事書けって言われてもなぁ。何も思いつかない……)」
ニトロ「まだー?」(・ω・)
セージ「まだ数秒しか経ってませんよね?!」
ニトロ「願望なんていくらでもあるでしょ!ぼく忙しいんだからさっさと書いてよ!」
セージ「えぇぇ……(´Д`;)じゃ、じゃあ……『早く一人前のテイラーになれますように』」
ニトロ「はい却下ー」(・ω・)短冊ビリー
セージ「えぇぇぇ?!」
ニトロ「もうね、クソ真面目すぎてつまんない。ダメ。やり直し」
セージ「そう言われましても……」
ニトロ「大体ね、七夕は織姫と彦星が年に一度出会えるロマンチックなイベントなんだよ?どうしてこんな枯れ果てた願い事書くのさ。書くなら恋愛関係の願いごとにしなよ」
セージ「恋愛関係の願い事ですか?」
ニトロ「好きな子の名前とか書きなよ」
セージ(あ、これ、七夕を利用したパワハラだ……)(´・ω・`)

もしくは七夕を利用したセクハラか暇つぶし。

category: ◆小説(文字系ネタ)

2014/07/14 Mon. 22:58 [edit]   TB: 0 | CM: 3

go page top

ようやっと(雪巳) 

名簿の更新しましたよっと!!
今回は、実はまだ上げてなかったヒギリちゃんですよぅ!
上がってしまえばどうでも良さげですが、いつも前口上的なやつが毎回しっくり来ないとなかなか仕上がりません。あれっ、前にも言ってた気がしてきたぞ。
因みにヒギリちゃんは今のが決まるまでは

女子力欠如のみんなのヒーロー

だったんですが、しっくり来るようでよく考えたらdisってるだけなんじゃないのかと思えてきて、思い切って変えたらあっさり出来ちゃったというね。
いや、今上がってんのも親父ギャグじゃないかと言われたら返す言葉もありませんが、、ほら、そこは生温くとも笑って頂ければ、幸いでございます。ははは…

ヒーローという言葉は、やっぱりヒギリちゃんにピッタリだと思うのです。キャーヒギリサーン!(=゜ω゜)

category: つぶやきとか

2014/07/12 Sat. 16:20 [edit]   TB: 0 | CM: 1

go page top

キャラ名簿*ヒギリ 

ヒギリ

氷梨さんの子。
戦う乙女はヒーローでナイト、ヒギリ。

よく食べ、よく笑う、元気で明るい少年のような心の持ち主。
その内面や食欲とは裏腹にスタイルは女性らしく整っており、モデル並に背も高い。旺盛に摂取された栄養はそのナイスバディに全て吸収されているらしい。

何事にも真っ直ぐで、困った人を見過ごせない。
そのため、任務先での寄り道もしばしば。
それも彼女の良いところ!
アカリからは憧れの存在として見られているが、当の本人にその自覚はない。

初出は“絵の中の騎士”。
双子の弟にタツキ、その下の弟にソサカがいる。
年頃のわりに女子力が欠如していることを心配されている模様。
「そんなことよりソサカ、ご飯のおかわりちょーだい!」


突っ走りすぎてへこんだりもするけれど、ヒギリは今日も元気です。

category: ★イデアル

2014/07/12 Sat. 15:50 [edit]   TB: 0 | CM: 1

go page top

台風と雷(氷梨) 


最近雷すごいですね!台風の影響だと思いますが、正直、台風そのものよりもそっちの雷雨のがひどかったです。雨も台風が来る前のがひどかったし、台風当日は「え……、これほんとに今一番近いの……?」って首を傾げるくらいの穏やかな天候でした。まぁ、用心して被害でないのと、安心して被害でるのじゃ、そりゃあ用心して被害でない肩透かしのが絶対いいのでね!正直ほっとしているよ!(だって台風直撃の時間と勤務時間ドンピシャだったんだもの!/涙目)

そんな感じの台風8号、アジア名が『ノグリー』らしいですね。韓国語で『たぬき』だとか。
たぬきが雷をともなって接近してくるとか……。
私の中ではもう、ガブさんと加護ちゃんが一緒に任務しにきてるとしか思えませんでしたよ……><(加護ちゃんは雷使いです)

え、つまり……こういうこと?

静電気


思った以上にガブさんの顔がむかつくなこれ……(´・ω・`)

加護ちゃん、常に静電気放ってるわけじゃないんですけど、戦う時にビリビリ雷出すわけじゃないですか。そしたら獣のガブさんは帯電して大変なことになるんじゃないですか。っていうかむしろその状況を楽しんで、某黒猫のあのセリフを冗談めかして言うに決まってるじゃないですか。で、加護ちゃんは真面目なので冗談にマジ謝罪するじゃないですか!

あ、加護ちゃんが某黒猫を知っているのはひなと一緒にアニメ見てるからだと思います。もう……もう完全にお父さん……(´・ω・`)

あ、七夕ネタよりこっちのネタのが自分的に熱かったのでこっち先にあげてます~><

category: つぶやきとか

2014/07/11 Fri. 17:55 [edit]   TB: 0 | CM: 2

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。