骨組段階

小説サークル『骨組段階』のブログ。作品情報や設定、小ネタなど更新しています。

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

はろうぃんっぽいもの 

新刊執筆中に、『テイラー面子でハロウィンやったらどうなるかな……』って考えた結果がこれ。

かしくれ

※ナオキ


ど う し て こ う な っ た \(^O^)/

「彼ってイケメンですよね!(`・ω・´)」って言ってもらったナオキですが、思いつくネタは完全にボケ要素みたいです……(´・ω・`)
当初はちょっとズレてるぐらいのボケ率だったのに、どうしてこうなった……orz
ちなみに、こうなるまでの思考回路。
ハロウィンっていえばお菓子→お菓子(食べ物)が絡んだら、ナオキは黙々と参加しそうだな→仮装は何するんだろう→ミイラ男?→いや、包帯巻くのとかめんどうだろ→布かぶってお化け?→動きにくいってめんどうがるだろ→かぼちゃかぶっとけばいいでしょ←画像ここ
トリックオアトリートとか長いから言わないだろうな、と思った結果が物乞いでした。まぁ、本来のハロウィンとしては間違ってない……はず……!
以下セリフだけの小ネタ。


●ナオキ的ハロウィン

かぼちゃ装備のナオキが、セージとタツキの元へ。

ナオキ「菓子くれ」
セージ「ッ?!(゜Д゜;)」ビクッ
タツキ「……お前、ナオキか?」
ナオキ「ん。菓子くれ」
タツキ(……ビビった)「って、お前それハロウィンか?」
ナオキ「ん。だから、菓子」(手を差し出す)
セージ「そういや、今日ハロウィンだっけ」
ナオキ「…………」(手を差し出したまま待機)
タツキ「あー、だからソサカがバタバタしてたのか」
ナオキ「…………」(手を差し出したまま待機)
セージ「ソサカくん、何か作るんですか?」
タツキ「クッキーかなんかじゃねぇの?」
セージ「僕ももらえますかね」
タツキ「ナオキみたいにかぼちゃでもかぶるか?」
ナオキ「……菓子」
タツキ「ん?」
ナオキ「菓子くれ」
タツキ「……お前な、それハロウィンじゃねぇだろ」
セージ「ハロウィンの決まり文句は、『菓子くれ』じゃなくて『トリックオアトリート』だよ?」
ナオキ「それは言えない」
セージ「……なんで?」
ナオキ「それを言ったら、いたずらをしなくちゃならなくなる。そんなのめんどい」
タツキ「お前な……」
ナオキ「正直、仮装とかもどうでもいい」(おもむろにかぼちゃ頭を外す)
セージ「完全に放棄した?!」
ナオキ「二人は菓子持ってないのか?」
タツキ「オレはねーよ」
セージ「僕は一応持ってるけど……」
ナオキ「ならそれ寄越せ(`・ω・´)」
セージ「え?! これただのカツアゲじゃない?!(゜Д゜;)」

イデアルの男三人は、ボケとツッコミの割合が丁度いいので書きやすい。


●ハウンド親子三人組的ハロウィン
ひな「トリックオアトリートッ☆」
加護「……ん? 今日ははろうぃんか。」
ひな「そうよ! だからひなにお菓子を進呈なさい!」
緑「おいこら、ひな! お前加護さんに何て口聞いてんだ!」
加護「まぁまぁ……、そう怒るな」
ひな「ほんと、緑ってバカよねー」
緑「どうして今の流れでそうなるんだよ! ってか、お前、その恰好なんだよ」
ひな「何って、ハロウィンの仮装に決まってるじゃない。ほんと緑って」
緑「ああ、はいはい! 馬鹿ですよ悪かったですね! ってかな、オレが聞いてるのはそういう意味じゃなくて、何でお前が天使の恰好してるかって意味だよ」
ひな「何でって……、ひなが天使の恰好するのは当然じゃない?」
緑「どこがだよ」
ひな「ひなみたいに、かわいくてやさしー子は天使の恰好が似合うに決まってるでしょ? 仮装するにしても、似合いもしないダサい恰好するなんてごめんだもの」
緑「……もう、どこからツっこんでいいかわかんねーよ」
ひな「良いから、お菓子寄越しなさいよ」
緑「ほらよ」
ひな「えー? 飴玉だけぇ~? 他にも持ってるでしょ、出しなさいよ」
緑「カツアゲかよ!」
ひな「緑が若いうちから糖尿病にならないように、ひなが身を削って糖分を摂取してあげようとしてるんじゃない」
緑「清々しいほど開き直ってんじゃねぇよ! ってこら! 勝手にポケットあさるなボケ!」
ひな「……ちっ。マジでこれだけとか……流石緑ね」
緑「流石の使い方間違ってるぞこら」
加護「……ふふ。お前らは相変わらず元気だな」
ひな「緑がやかましいだけよ。それより、おかし!」
加護「ほら」
ひな「………………これって」
緑「…………煎餅?」
加護「煎餅も菓子だろう?」
緑「そりゃ、お菓子ですけど……その」
ひな「ハロウィンよ?! ハロウィンに煎餅ってありえないでしょ?!」
加護「そうなのか……?」
ひな「え? うそ、ボケじゃなくてマジなの……?!」
加護「……だ、駄目だっただろうか……?」
ひな「ダメー! 絶対ダメー!」
加護(救いを求めるように緑を見る)
緑「流石のオレでもカバーしきれねーっすよ……」

三人とも血が繋がってるわけではないのですが、私の中でこの三人は親子なので親子です(`・ω・´)
父→加護
長男→緑
長女→雛菊
母親はジェレイラになるか、加護ちゃんが父と母を兼任して手のかかる長女ジェレイラ、おませな次女雛菊という緑の立場が完全に悲惨になる家庭環境になりますΣd(`・ω・´)←




スポンサーサイト

category: ◆小説(文字系ネタ)

thread: ショートショート - janre: 小説・文学

2011/10/27 Thu. 02:41 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://honegumidannkai.blog.fc2.com/tb.php/176-b818435b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top