骨組段階

小説サークル『骨組段階』のブログ。作品情報や設定、小ネタなど更新しています。

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

アイスチョイス(氷梨) 

~ハウンドのルチルラボ~

ニトロ「うぅぅ……、何でこんなに暑いんだよ……!」
ファイ「急に夏が来るのは勘弁してほしいよねぇ~」
ニトロ「ちょっと! どうしてクーラー壊れてんの?! どうせアニキが壊したんだろ!」
ファイ「違うよぉ、濡れ衣着せないでよぉ~。それは前の夏が終わるころに壊れて、直してなかっただけでしょー」
ニトロ「何ですぐに直さなかったんだよ!」(`Д´)
ファイ「ニトロがやるって言ったんじゃーん。そしたら女の子から電話かかってきて出かけてったんじゃーん。次の夏までに直せばいいでしょとか言ってたじゃーん!」ヽ(*`ω´*)ノ
ニトロ「………………さぁ、とっととクーラー直そうかな」
ファイ「あ、ちょっとぉ! ごめんなさいは? 勘違いで怒鳴ってごめんなさいは?!」
ニトロ「うっさいなぁ! ってか、どーしてアニキはクソ暑い中通常運行なんだよ! もっと大人しくしてろよ!」
ファイ「えー、何それ、人を化物みたいに言ってぇ……。ぼくだって、暑さにヘバってるよぉ。ほら、汗なんてだくだく出てるじゃん」
ニトロ「………………」(黙々と修理に取り組む)
ファイ「ほらほら、見てよニトロぉ~! ぼくの汗すごいでしょー。ねぇねぇ、色っぽい? これって色っぽい?」
ニトロ「しょうもないこと聞いてないでちょっとは手伝えよ!!!」(#゚皿゚)
ファイ「きゃーっ、ニトロが怒ったぁ~♪」(´∀`*)
勝「おーい、お前らー。アイス買ってきてやったぞー」(・ω・)/
ニトロ「アイス!」
ファイ「わーい、勝ありがと~♪」
ニトロ「ってか、なんかやたら沢山あるけど……? 袋パンパンじゃん……」
勝「あー、淀たちの分も混ざってるからな。お前らが食っていいのは、バニラかチョコかイチゴか抹茶か……まぁ、その辺のな!」(`・ω・´)
ニトロ「その辺……?」
ファイ「じゃあぼくイチゴにするー」(ガサゴソ)
ニトロ「ぼくは抹茶にしようかな」(ガサゴソ)

※袋がパンパン過ぎて二人ともパッケージの色を頼りにアイスを抜き取る

ニトロ「えっと……あれ、これ、梅こぶ茶……味……?」(´Д`;)
ファイ「ぼくのはミネストローネ味ってなってるー」(´∀`)
勝「あー、ダメダメ! それは淀のだから戻す戻す!」(`・ω・´)
ニトロ「は?! ちょ、勝、それマジで言ってるの……?!」
勝「おれが淀に関することでマジじゃなかった時があったか?!」(`・ω・´)
ニトロ「いや、ないだろうけど……、そんな偉そうにいうことでもないよね」
ファイ「なにこれー、ラザニア味に石焼ビビンバ味だってぇ~」
ニトロ「なにその罰ゲームみたいなチョイスは?!」∑(´Д`;)
勝「その辺は淀のだからダメだっつの! お前らはバニラとかその辺って言ったろ!」(`・ω・´)プンプン
ニトロ「ってか、勝、そんなのあげて大丈夫なの……? 普通の女子なら、無言で腹パンしてくるレベルのチョイスだと思うけど」
勝「そうかぁ? ヒギリとこもなら「ちょ、なにこれおもしろっ!」って爆笑しながら食べてくれるだろ」
ニトロ「あの二人は女子にカウントしちゃダメだから……」
ファイ「アカリちゃんとかシャガちゃんだったら、「色んな味があるんだねぇ~」って割と普通に選びそうだよね」
ニトロ「あの二人は極度の天然だからほら……」
勝「もー! ごちゃごちゃ言ってないで早く選べよー。淀のアイスが溶けちゃうだろ!」(`・ω・´)
ニトロ「え……あ、うん、……そうするね」


勝とファイさん相手取るのはニーくんでも辛そうだなぁ……。ボケ通しだものね! 暑くなくてもやんなるよね!
淀ちゃんの味の好みは違う次元を走行しているので、アイスのチョイスもひどい……ではなく、独特なものになってるんだと思います。勝はその好みをしっかり把握しているので、ちゃんと淀ちゃんが喜ぶのを買ってくるんだよ!ミネストローネは細かく砕いたマカロニも入ってたりするんじゃないかな!わぁ、まずそう!←
ちなみに、勝が二人にアイスを買ってきたのは同じチームからの優しさとか気遣いとかでは全然なく、単に『淀だけにアイスを買ってくると淀は絶対に受け取らない』からであり、『みんなにアイスを渡してるから、淀もアイスもらってくれよ』という免罪符を作るために大量買いしてるだけです。つまりおこぼれ。
淀ちゃんは勝から物をもらうことに抵抗があるけど、自分がもらわないことには他の人(たとえば医務室にいるヒギリとかタツキとか)がアイスをもらえない=悲しませるのならもらわなきゃいけないよな、折角だし!みたいな言い訳を自分に出来るので、他の人の分もあるなら受け取ってくれます。淀ちゃんは基本クールなうえ、隙を見せたがらない子なので、かなり好みな味のアイスをもらっても表情動きにくいと思います。しかし内心はほくほく。そして勝は淀のことならなんでもお見通しなので、口ではあれこれ言いつつも喜んでもらって超嬉しい!って喜んでればいいと思います。
ちなみに他のアイス味候補→キムチ鍋味、味噌煮込みうどん味、麻婆豆腐味
やっぱり、爽やかさからかけ離れた暖かい料理の味が基本になりそうですね!\(^O^)/

スポンサーサイト

category: ◆小説(文字系ネタ)

2013/05/25 Sat. 14:58 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://honegumidannkai.blog.fc2.com/tb.php/397-3af498ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top