骨組段階

小説サークル『骨組段階』のブログ。作品情報や設定、小ネタなど更新しています。

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

憧れ(氷梨) 

アカリ「私、淀染さんみたいな人になりたいです」
タツキ「……は?」
アカリ「淀染さんって、仕事が出来る女性って感じですごく格好良いじゃないですかぁ~!だから、私もあんな風になりたいなーって思ったんです」(`・ω・´)
タツキ「そうか……、ようやくヒギリは諦めたんだな」
アカリ「え?」(・ω・)
タツキ「……え?」(-"-;)
アカリ「えー、なに言ってるんですか、タツキさん! 私がヒギリさんみたいなテイラーになることを諦めるわけないじゃないですかッ!」(`・ω・´)
タツキ「は……? でもお前、今淀ねぇみたいになりたいって……」
アカリ「ですからぁ、ヒギリさんみたいなテイラーになって、淀染さんみたいにテキパキ仕事をする女になりたいんです!」(`・ω・´)
タツキ「…………」(どこからつっこめば……)(-"-;)


******

アカリはピュアっ子なので、誰に対しても良い所を見つけて『私もそんな風になりたいなぁ(*‘ω‘ *)』って思う子です。自分の気持ちを長い間抑えつけられていた反動もあるんでしょうが、それにしても他人への憧れは人一倍強いと思います。つまりそれは自分が好きになれないということでもあるんですがね。自我の芽生えとか、思春期特有のあれです。
タツキがアカリに対して怪訝なのは、憧れの対象がヒギリだからにすぎません。もしもアカリが「私、淀染さんみたいなテイラーになりたいです!(`・ω・´)」とだけ言ってたら、普通に「おー、頑張れよ」って返すと思います。「ジェレイラさんみたいなテイラーになりたいです!(`・ω・´)」とかでも、「お……おぉ、そうか……」ぐらいで止めるまではいかないんじゃないかな……。そこはほら、個人の自由だし? みたいな感じで。
あ、念のため言っておきますが、タツキは別にヒギリのこと嫌いじゃないんですよ。ちょっと頭痛の種みたいなところがあるくらいで、別に不仲って訳じゃないんです……! って、どうしよう。これ全然説得力なくないか……?(´q`)
スポンサーサイト

category: ◆小説(文字系ネタ)

2013/06/01 Sat. 22:47 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://honegumidannkai.blog.fc2.com/tb.php/404-e9c7afe3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top