骨組段階

小説サークル『骨組段階』のブログ。作品情報や設定、小ネタなど更新しています。

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

●金剛寺 勝 



金剛寺 勝(こんごうじ すぐる)



男。20代半ば~後半のイメージ。


ハウンドの医者にして拳士。

さらには重度のバトルマニア。

医者になったのも「強くなるには、いっぱい闘うだろ? そうすっと、いっぱい怪我するだろ? だったら、自分で怪我なりなんなり治療出来たほうが効率いいじゃん」という戦闘のついでに医者になったという不純な動機。

武器を使わず、素手で戦うという戦闘スタイルの関係で、人体に詳しくなった方が徳だという事にあとから気づく。でもクリートで人型は数が少ないということに気づいていない。

馬鹿なのか頭がいいのかわからない。


名前のいかつさに反して、背はそれほど高くない。低め。

恐らく、幼い頃から筋肉をしっかりつけてしまったがために成長しなかったのだと思われる。

性格は人懐っこく、やたらあだ名をつけたがる。でもセンスが微妙。悪すぎるわけではなく、リアクションに困るような微妙さであり、その筆頭に「紅コンビ」が上げられる。大抵浸透しない。

時間、規則にルーズな部分があり、「まぁいいじゃん、死ぬわけじゃないんだし~」と色々なことに楽観的。双子とはまた違ったチャラさ。チャラいというか軽い。(頭が)

人間努力すれば何でも出来ると思っている。


基本的な拠点は本部であり、医者でもあることから彼用の医務室もあてがわれているが、ほとんど物置と化している。

大抵討伐の任務に(無理矢理)同行している。医者だし回復してくれるだろうと安心してはいけない。バトルに集中するあまり回復はおざなり。RPGだったら間違いなくコイツ使えねぇぇぇ!回復しろよ馬鹿ぁぁぁっ!と叫ばれるタイプ。

 


スポンサーサイト

category: ★ハウンド

2010/04/10 Sat. 14:30 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://honegumidannkai.blog.fc2.com/tb.php/42-06e4fce7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top