骨組段階

小説サークル『骨組段階』のブログ。作品情報や設定、小ネタなど更新しています。

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

ふぁーざーずでー(雪巳) 

完全に遅刻ですが父の日ネタ。


ツバキ「アリョーシャ! アリョーシャ、いますかー?」ドンドンドンドン
アリョーシャ「何だ? 全く、たまに訪ねて来たかと思えば騒々しい。ノックくらい普通に出来ないのか。ドアが壊れでもしたら修理費はお前さんに出してもらうからな」
ツバキ「そんなに怒らなくても良いじゃないですかー。最近暑いんですから、倒れちゃいますよー?」
アリョーシャ「そんな心配をするくらいなら怒らせるようなことをするな。それとも、俺を熱中症にさせるために、わざわざこの部屋まで来たんじゃないだろうな?」
ツバキ「ああーまたそういうこと言う! あたしはそんな人でなしみたいな真似しませんよー!」
アリョーシャ「人でなしも何もお前さんは鬼じゃないか……それで、いったい何の用なんだ」
ツバキ「アリョーシャにプレゼントを持って来たんです。これ、とっておきのお酒なんですよー!」
アリョーシャ「……? それだけのために来たのか? どういう風の吹き回しだ(-"-)」
ツバキ「日頃の感謝の気持ちですよ。飼い猫や姫と仲良く晩酌でもしてください。ふふふ。アリョーシャ、今日が何の日か知らないでしょう?( ´艸`)」
アリョーシャ「知らない、と答えても教える気はなさそうだな」
ツバキ「あ、バレちゃいました?」
アリョーシャ「お前さんの顔に書いてある」
ツバキ「さすがはアリョーシャですねぇー(´∀`)では、あたしはこれからお仕事ですから。 また暫く留守を頼みますね!」



娘以外からも貰ってると思うんだ、アリョさんは。
厳しさとか口うるささから嫌われ役でもあるけど、ハウンドの親父代表だからね!
ツバキさんの方がアリョさんより長く生きてますが、父の日のこと考えてるサーニャを見てたら便乗して感謝してみたくなったんじゃないかな。ようするにノリだね!
あ、一応補足しておくとツバキさんの言う飼い猫はローラのことですよー。

無駄に続くかも?
 
 
スポンサーサイト

category: ◆小説(文字系ネタ)

2013/06/20 Thu. 23:55 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://honegumidannkai.blog.fc2.com/tb.php/424-65d0a19e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top