骨組段階

小説サークル『骨組段階』のブログ。作品情報や設定、小ネタなど更新しています。

09« 2017 / 10 »11
1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.

『空蝉と転がる僕』 あとがき 

本文を読んだ前提の記事になりますので、本文未読の方のちんぷんかんぷんな内容ですので予めご了承ください。

追記(と改行)よりあとがき。
******





会話文の少ない小説らしい小説が書きたい!という謎の衝動により書き出されたブツでした。あと、折角だし季節ものを作りたいな!っていうのもあったり。ちょっとブランクあったので、肩慣らし替わりに書き出したのですが、結構続いたのでそのまま仕上げたやつになります。
そんな感じで『夏』の話でした。『夏』と言えば『蒸せるほど、あるいは、息苦しい程の熱気』を思い浮かべつつ、もっと分かりやすいワードというか、モチーフはないかと考えた直後に浮かんだのが『蝉の死骸』っていうなんとも悲しい結果でした。女子力ェ……(´Д`)
でもほら……、怖いじゃん蝉って……。死んでたかと思ったら急に動き出すじゃん……、あれなんなの……!という恐怖感MAXです。最近、5歳の虫大好きな甥っ子が蝉の死骸を手にニコニコしながら駆け寄ってきたんですよ。今思い出しても背筋が凍ります。マジビビリする大人を見た甥っ子は「虫……嫌いなんだね……(´・ω・`)」ってすごく申し訳なさそうな顔をしてました。子供でも気を使うのかと思った瞬間でした。

話を戻しまして。

久々に現地の子の視点でした。完全一人称って結構久しぶりで書いててとても楽しかったです。名前とか決めなくても良いっていうのがね!いいよね!←
そんな感じで『僕』の設定は非常に曖昧です。うんまぁ……熱中症になりかけてるあたり線の細そうな子ではありますが、その辺はまぁご自由に想像してもらえたらと思います!最初は僕っ子にしようかなとかも思いましたが、ネタ詰め過ぎると崩壊しそうだったのでぐっとこらえたのはここだけの話。

今回はクリート未登場だったり、糸も目視されなかったり、テイラーのテの字も出なかったので、初めての方にはちょっと不親切な内容のように思えますが、『僕が体験した話』としては完結しているのでそれでいいかなと思ってこの形になっています。
(※ご存知ない方の為の補足:『糸』=世界の源となる赤い糸のこと。触れたものを正常でなくす。『クリート』=糸を食べる化物のこと。大体黒くてデカくて怖い。『テイラー』=世界が破損して溢れてしまった糸を修復したり、発生したクリートを倒したりする組織のこと)
一応裏設定(というか『僕』が認識出来なかった状態について)ですが、『僕』の気分が優れなかったのは糸の影響で、破損箇所だった自販機からの糸で完全にアウトな状態になったところにアカリが来た、って感じです。
そうです、登場した女の子はアカリです。サークルの作品追って下さってる方々ならお分かり頂けたかと!恐らく、クリートが発見されていなかったので、一人で任務行ってみたとかそんな感じだと思います。ルチルでナビゲーションしてもらいながらね、頑張ってるんだと思います。ちなみにナビはタツキです。ガブさんやヒギリがナビならキレません。
あと、どうして『僕』がアカリを忘れてしまったのかというと、アカリによって破損が修復されたため、世界が糸にまつわるあれこれを無かったことにしようとしてるからです。余程のことがなければ、テイラーの記憶は残らないというのが今回の世界です。
まぁ、記憶は消えてしまっても、全てが無かったことになんて出来ないんですけどね!バグ的な支障が出ない程度に改変されていくのです。それにしても、なんかしんみりした話でしたね。
最初はそこまでしんみりさせるつもりはなかったのですが、『空蝉』の意味を確認してたら『源氏物語』が出てきまして。あと少し届かなかった女性の話らしく、これはもうアカリにするしか……!ってなった訳ですね。なんか色々運命を感じました。計算してなかったのに、本文のページ数が7ページだったりね!

こっちでのあとがきだと、字数制限ないからだらだら書いてしまう……(´・ω・`)

こんなgdgdマックスなあとがきですみません。そしてここまで読んで下さってありがとうございます!ヽ(・∀・)ノ
サークル活動を続けられるのは、作品を手に取ってくれる皆様がいるからこそです。本当にありがとうございます!
まだまだ拙い文章ではありますが、これからも頑張りますので気長にお付き合いいただけたら嬉しいです!

それでは、またの機会にお会い出来ることを願って。

20130825 氷梨えりか
スポンサーサイト

category: ★他設定など

2013/08/24 Sat. 16:03 [edit]   TB: 0 | CM: 0

go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://honegumidannkai.blog.fc2.com/tb.php/453-499adcee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top